新しい家族

高齢出産の希望が持てる卵子提供はエージェンシーに相談を

● SITE MAP ●

卵子提供についてエージェンシーへ相談してみよう

女性は、40代半ばから40代後半頃から徐々に閉経していき、閉経すると自然な形での妊娠は難しくなると言われています。ですが、閉経後に妊娠をする人は少なからず存在します。その方法の一つとして、「卵子提供」という妊娠方法があります。
卵子提供とは、閉経前の若い女性から卵子の提供を受けて、夫の精子と受精させます。その受精卵を自身の子宮に定着させて妊娠、出産をするという方法です。
卵子のドナーとなる若い女性から卵子提供を受ければ、閉経後でも子どもを授かることが可能となるため、40代から50代の女性でも妊娠に希望が持てるようになったのです。
そんな卵子提供ですが、卵子提供を受けて妊娠し、出産したいと思っても、仕組みは理解できても実際に行動に移そうにも何から始めたら良いのか分からないですよね。
そんな場合には、卵子提供エージェンシーに相談してみましょう。
卵子提供のエージェンシーならば、卵子提供について様々な事柄について説明をしてくれます。どういった流れで卵子提供を受けるのか、実際にかかる費用はどれくらいなのかという現実的なことまで親身になって相談に乗ってくれます。卵子提供について少しでも疑問を抱えている方は、是非エージェンシーへ相談してみてください。

高齢出産も可能!不妊治療の一種である「卵子提供」

卵子の問題で妊娠できない女性は、少なくありません。子宮に問題がなければ、妊娠可能な卵子が排卵されることで、彼女たちは妊娠することができます。しかしそれがうまくいかないために、不妊となってしまうのです。
そんなタイプの不妊を治療する方法の1つが、「卵子提供」です。
若く健康な女性の卵子を提供してもらい、それを父親の精子と体外受精させ、母親の体内に入れます。そして母親の子宮内で胎児が育ち、出産します。この方法ですと、超高齢出産も可能です。晩婚化が進む日本では、高齢になって結婚し、卵子提供によって妊娠・出産をする夫婦も増えているようです。

日本には、卵子提供を規制する法律はありません。しかし多くの医療機関が慎重であることと、法律が明確に整備されていないことから、ほとんどの人が海外で卵子提供を受け、日本に戻って出産しているのが現状です。その際には、卵子提供者や医療機関の選定をおこなうエージェンシーに相談するのが一般的となっています。
卵子提供による出産の場合、母親と子供に遺伝的なつながりはありません。しかし、父親とは遺伝的なつながりがありますし、自分の子供として育てることができます。不妊時の1つの選択肢として、卵子提供も重要な方法ではないでしょうか。

ドナー登録者の詳細な情報を確認出来る卵子提供エージェンシー

卵子提供をして貰うのであれば、卵子提供してくれるドナーの情報は可能な限り知っておきたいと思うのは当然のことです。
通常の場合、ドナーは匿名の存在である為、ドナー登録者の細かな情報を確認することは許されていないことがほとんどです。
しかし卵子提供の場合は少し事情が異なります。
提供された卵子を利用して実際に自分の子供として子育てを行っていく為、通常では知られないようなドナー登録者の詳細を知られるのが卵子提供の特徴です。
身元がしっかりとした日本人ドナーから卵子提供をして貰いたいのなら、卵子提供専門エージェンシーに相談を行い卵子提供者の情報を確認するようにしましょう。
エージェンシーによっても異なりますが、血液型や容姿の情報、身長や体重や既往歴であれば基本的な情報として登録されていることが普通です。
さらに詳細な情報を提供して貰えるエージェンシーであれば実際の顔写真、本人の学歴や趣味、家族構成や特に秀でている特徴までもを知ることが可能です。
より詳細な情報を確認出来るエージェンシーであるほどに、自分にベストマッチするドナーを見つけられる確率が高くなります。
自分が納得出来る相手から卵子提供をして貰いたいのならば、ドナー登録者の詳細な情報を確認出来る卵子提供エージェンシーを選択するのが正しい選択だと言えるでしょう。

● Choices Contents ●

妊婦さん

利用する卵子提供エージェンシーはしっかりと精査して選択しよう

近年では日本でも卵子提供を専門に行うエージェンシーが多数登場してきています。これは卵子提供をお願いする際の選択肢が多くなったと言うことでもありますが、果たしてどのエージェンシーを利用するのが最も適切なのかの判断が難しくなったということでもあります。大切な赤ちゃんを授かる為にも、卵子提供エージェンシーを選択する際には決して妥協してはなりません。利用する卵子提供エージェン…

TOP