新しい家族

高齢出産の希望が持てる卵子提供はエージェンシーに相談を

● SITE MAP ●

卵子提供なら不可能と診断された状態からでも妊娠を目指せる

おなかに耳を当てる赤ちゃん

生まれつき卵巣や卵子がない、病気で卵巣を摘出したり卵巣機能が著しく低下した、採卵は可能でも卵子が老化しているなど、卵子の状態が原因で妊娠できない場合は卵子提供という方法を考えてみると良いでしょう。第三者から卵子の提供を受け、その卵子と配偶者の精子を受精させ作った受精卵を子宮に移植する卵子提供という方法を選べば、卵子に問題がある人でも妊娠・出産を目指すことができます。

そんな卵子提供のメリットは、専門の医師が今の卵子の状態では妊娠が不可能、できない可能性が高いと診断された人でも、妊娠・出産を目指せることです。さらに、配偶者の精子を使って受精卵を作るため、配偶者の遺伝子を残せるといううメリットもあります。そのため、妊娠が難しいと診断されて悩んでいるのであれば、まず一度卵子提供専門のエージェンシーに相談に行ってみると良いでしょう。

この卵子提供は、高齢になり着床率が落ちてしまった状態を改善したい場合にも有効です。自身の卵子から作られた受精卵を移植してもなかなか妊娠できないという人でも、卵子提供に切り替えれば妊娠できる可能性が高まります。そのため、不妊治療で結果が出ずに悩んでいるのであれば、卵子提供のエージェンシーで相談をしてみることがおすすめです。

● Choices Contents ●

妊婦さん

利用する卵子提供エージェンシーはしっかりと精査して選択しよう

近年では日本でも卵子提供を専門に行うエージェンシーが多数登場してきています。これは卵子提供をお願いする際の選択肢が多くなったと言うことでもありますが、果たしてどのエージェンシーを利用するのが最も適切なのかの判断が難しくなったということでもあります。大切な赤ちゃんを授かる為にも、卵子提供エージェンシーを選択する際には決して妥協してはなりません。利用する卵子提供エージェン…

TOP